バフェットが株式相場に弱気。航空に続き金融株も売却した真意とは

ウォーレン・バフェットが株式相場に対して異常に弱気な姿勢をとっています。
ここのところバフェットが率いるバークシャーハサウェイは、保有株を次々と売却しています。

バフェットは、
株価が暴落した局面でファンダメンタルズが優良な銘柄を一人悠然と買い向かい、長期間その銘柄を保有する
という投資手法で大きな富を築いてきた人物です。

逆張り投資で華々しい成果を収め、いつしか投資の神とまで呼ばれるようになったバフェットが今、株をどんどん売却しています。
株式投資をやっている人は、このニュースに大きな不安を感じているのではないでしょうか。

そこで今回の記事では株を売却しているバフェットの真意を考えてみます。
(データソースはブルームバーグです)

バフェットがGSなどの金融株を売却

5月15日に明らかになったのは、バフェットが金融株を大胆に売却したということです。
とりわけ目を引くのは、ゴールドマンサックス(GS)株をなんと8割以上も3月末までに売却していたという一報。
コロナショックの大底は3月の中旬から下旬だったので、バフェットはかなりの安値でゴールドマンサックス株を売却した可能性があります。

このほか JPモルガンチェース(JP) 株の売却(持ち分の3%)も明らかになっています。

ついでに言うと、先立つ13日にはウォーレン・バフェットがUSバンコープを売却したというニュースが入っていました。
バフェットは今、米国の金融株に対してかなり弱気な姿勢をとっていると言えます。

実はアマゾン等も売却

一方でバフェットはアマゾン株も少し売却しています。
ただしこちらは、放出したのは持分の0.7%分と、金融に比べると大分少ないです。

Amazon は経済が封鎖されの中売上を大きくのばしました。
しかし、主に小売業分野のビジネスを維持するためにコロナウイルス対策費用がかさみ、今後利益を圧迫することが懸念されている状況です。
その他、バフェットはトラベラーズ(保険業)やエネルギー関連銘柄のフィリップス66も売却しています。

航空株を全部売却したばかり

バフェットの最近の動きで、我々に鮮烈な印象を残したのはやはり航空株の全部売却でしょう。

デルタ航空
アメリカン航空
サウスウエスト航空
ユナイテッド航空

といった航空銘柄を一気に売却したことが5月初めのバークシャーの株主総会で明らかになり、大きな話題になりましたよね。

数ヶ月月前までは、バフェットは航空株に強気な発言をしていただけに、この売却は僕としても衝撃でした。
しかも今回の金融株の売却と同様に、かなり安い値段での売却となっています。
例えばデルタ航空は、直近の購入価格の約半値の売却となったのはよく知られています。

以上をまとめると最近のバフェットは、
・株式相場に対して相当な弱気であり
・しかも株価が相当下がった時点での売却を余儀なくされている
と言えるでしょう。

バフェットの意図

ここで改めてバフェットが、今株を売りまくってる意図について考えてみましょう。
一見あまりに弱気に見えるバフェットですが、5月初めの株主総会ではいつものように 「アメリカの成長に逆らうような賭け方はしてはいけない」 と再度強調しています。
にもかかわらず、なぜバフェットは株をこんなにも売るのでしょうか。

売却された銘柄の共通点

その答えは、売却された銘柄の共通点を考えれば分かるはずです。
売却された銘柄には共通点があります。
いずれの銘柄も、ファンダメンタルズ的な不安要因を抱えているということです。

・金融 → FRB による金利の過剰な押さえ込み。景気悪化によるローンの不良債権化とそれに備えるための引当金増加

・航空 →今後数年にわたり 航空需要の回復がどの程度になるのか見通しつかず。ボーイング CEO が航空会社の破綻を示唆するような発言。増資リスク。

・Amazon → コロナ対策費用が利益を圧迫する懸念(クラウドも伸びてますし個人的には Amazon はそこまで心配する必要ないかなという立場ですが)

バークシャーは今かなりのキャッシュポジションを溜め込んでいますから、新しい投資の為の資金捻出のために株を売却したということは考えにくいです。
単に上記の懸念材料を嫌った結果の売却と考えて良いのではないでしょうか。

バフェットは5月初めの株主総会で
「今は金融危機のような状況ではなく銀行業界自体には問題はない。」
「銀行は十分な資金を準備金に充てている。」
と述べていたため、銀行の破綻リスクやそこから金融危機に発展する可能性までは考えていなさそうです。
中長期にわたる株価の上値の重さを恐れたのでしょうか。

色々考えてみたものの、最後のところは投資の神本人にしか分かりません。

ただ、僕の YouTube チャンネルのコメントにたまに冗談で書かれているような、
バフェット自身があと何十年も生きられるわけではないのでとりあえず売却した説
だけは無さそうです笑

応援のポチお願いします!↓


にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
スポンサーリンク

SNSシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です