【保存版】米国株の取引手数料が高くて不満ならDMM株!米国株が手数料無料

最近、DMM株を使って株式投資をしている人をよく見かけるようになりました。
個人的には、DMM と聞くとなんとなく FX のイメージがあり、株式投資口座を開設できることすら最近まで知りませんでした。

しかし、実際にはDMM株は手数料が非常に安くてメリットの多い証券会社です。

僕自身、現在では実際にDMM株口座を開設しています。
が、これまで別証券会社で購入していた米国株については、手数料面で大きく損していたのでとても後悔しています(涙)。

DMM株とは

DMM株とはその名の通りDMM.comが展開する株式投資口座サービスです。
SBIや楽天、マネックスなどと同じく日本&米国株の売買や信用取引が可能です。

2018年に始まったばかりのまだまだ新しいサービスなので、大手3社に比べればまだまだユーザーは多くありません。
その一方で手数料の安さに関しては、はっきり言って頭ひとつ分抜けています。

DMM株を使うメリット

まずは DMM 株を使うメリットについて見ていきましょう。

日本株・米国株取引の手数料が格安

DMM 株を使う最大のメリットは何と言っても取引手数料が安いことです。
国内株・米国株ともに手数料は業界最安水準です。
ほとんどのネット証券は対面証券に比べると手数料が安いことはご存知の方が大半だと思います。
しかしこの DMM 株はそんなネット証券の中でも「格安」と呼ぶにふさわしい存在であることはまだあまり知られていません。

国内株取引手数料

まずは国内株の取引手数料から見ていきましょう。

約定代金DMM株SBI(スタンダードプラン)楽天
5万円50円50円50円
10万円80円90円90円
20万円97円105円105円
50万円180円250円250円
100万円340円487円487円
150万円400円582円582円
300万円600円921円921円
300万円超800円3000万円まで921円,それ以降973円3000万円まで921円,それ以降973円
(2020年4月時点。価格は税抜き)

利用者数が多い SBI や楽天に比べてもDMM株の方が手数料が安いことがわかりますね。
ついでに信用取引の手数料も300万円以下は80円それ以上は無料(一約定あたり)という非常に安い水準です。

ちなみに NISA 口座内での株式取引に関しては手数料かかりません(これは他の優良証券会社と同じですね)。
しかも新規口座開設後、一か月間は取引手数料が無料という特典もあります。

【DMM 株】口座開設

米国株取引手数料無料

DMM株では米国株取引に手数料がかかりません。
発生するのは、為替手数料(1ドルあたり片道25銭)のみです。

SBI・楽天・マネックスといった米国株投資家の間でメジャーな証券会社では 為替手数料や為替スプレッドに加えて約定代金の0.45%の手数料がかかります(2020年4月現在)。
米国株投資は特に手数料負けしやすいので、大きな金額を米国株で運用している人は特に手数料無料のDMM株を使うべきですね。

ちなみに為替スプレッドとは、円とドルを両替する時に投資家が実質的に負担する費用のことです。
一ドル100円と計算しても DMM 株の為替手数料は0.25%にすぎないのでかなりお得ですね。

手数料がポイントで返ってくる

DMM株では手数料がポイントで帰ってくるのも嬉しいところです。
取引手数料の1%が DMM 株ポイントとして貯まっていきます。

貯まったポイントは1ポイント=1円で証券口座に入金され、取引に利用したり出金することが可能です。

そもそも取引の手数料が安いので、貯まるポイントもたかが知れているかもしれませんが、これも嬉しいメリットですね。

口座開設が簡単

DMM株では口座開設が非常に簡単に行えることもメリットです。
①フォームに必要事項記入
②本人確認書類送付(スマホで免許証撮影&送信可能)
の2ステップで開設可能です。
最短5分で終了し、今日から取引を始められます。
こういうユーザビリティの高さはDMMという会社の良いところですね。

【DMM 株】口座開設

アプリが使いやすい・設計が優れている

僕は実際に、DMM株口座を開設しています。
実際に使用する中で思うのは、とにかくデザインや配置が分かりやすく使いやすいことです。
実際に見てもらった方が早いでしょう。
↑は、マーケット指数の画面です。
画面に余計なボタンが無く、スッキリしています。
デフォルトで黒背景なので、目にも優しいです笑
こっちは、お気に入り銘柄の登録画面。
僕はアドビ(ADBE)とアトラシアン(TEAM)を登録中です。


なお、DMM株では日本株・米国株共に同じアプリから取引&管理が可能です。
(これ、使う側としては当たり前に欲しい機能なんですが何故かちゃんと実装できてない証券会社が多いんですよね……)

DMM株を使うデメリット

次に DMM 株を使うデメリットも見ていきましょう。

投資信託や債券の取扱がない(ETFは買える)

DMM 株を使う上で注意しなければならないのは投資信託や債券を直接買うことができないということです。

DMM 株はまだ始まってから日が浅いサービスで、投資信託や債券の取り扱いがありません。
したがって、つみたて NISA も開設できません(通常のNISAは可能)。

注意が必要なのは通常の投資信託は買えないものの、ETFは買えるということです。
僕が調べたところ、2020年4月27日時点では米国株投資家に人気の ETF は大体取り扱いがありました。

VOO, SPYD, HDV, VYM, VT, VTI, QQQ, SPXL, SPXSといった ETF は DMM 株で取引することができます。
また、債権を直接買うことができないと言いましたが、債券に投資する ETFのBNDは 購入可能でした。

なお、レバレッジ ETF の中でかなり人気が高いと思われるTECLの取り扱いはありませんでした。
ここはマイナスポイントだと言えます。

ちなみに
僕自身は投資信託にも投資しています。
投信はマネックスのNISA口座で、と使い分けています。

米国株の取扱銘柄が少ない

もう一つのデメリットは米国株の取り扱い銘柄が少ないことです。

日々取扱銘柄数は増えてはいるのですが、まだまだ DMM 株で買える米国株は847銘柄にすぎません。
これはマネックス証券の3319銘柄に比べると見劣りします(2020年4月27日時点)。

補足
ちなみに僕が買っている個別の米国株は全てDMM株で取り扱いがありました。
僕のポートフォリオの中では比較的マイナーと思われるベリサイン(VRSN)も買えたので、大抵の人は困ることはないと思いますが、マイナーな米国株を買うのが好きな人は注意してください。

米国株が円貨決済のみ

米国株取引が円貨決済のみであることは個人的にはデメリットです。
そもそも円貨決済しか使わないよという人は関係ないのですが、円をドルに変換するタイミングと米国株を実際に購入するタイミングをそれぞれ別にしたい人にとっては不便な点です。

また、配当金の受け取りも円貨での受け取りとなるので、 配当金受取時に為替スプレッド(基準為替レート-1円)を支払うことになります。
配当金受け取り時の為替手数料は、日頃意識しにくい手数料です。

DMM 株以外の証券会社においても円貨で配当金を受け取っている人は、注意すると良いでしょう。
購入時の約定手数料に比べると金額としてはかなり小さくなりますが、頭の片隅に置いておきましょう。

ちなみに、配当を受け取る度に発生する為替手数料を回避する為、僕はひと工夫しています。

無配(or低配当株)をDMM株で取引
それ以外の高配当ETFなどはマネックス証券で取引

と使い分けてるんです笑
これで、DMMの取引手数料ゼロというメリットを最大限に活かしています。
ちょっとケチすぎて証券会社に申し訳ない気もしますが笑

DMM株を使うべき人

以上をまとめると、 DMM 株を使用すべき人は以下のような人だと言えるでしょう。
DMM株を使用すべき人
・とにかく手数料を抑えてコスパ良く取引がしたい
・マイナーな米国株を買う予定がない
・投資信託を買う予定がないか、他に投資信託を買える証券口座を持っている
投資では税金や手数料と言ったコストはとにかく抑えられるだけ抑えるのが基本です。
投資家たるものを払わなくて済むお金は1円でもケチりましょう。

「めんどくさいから」行動しないのはあり得ない

もう既に使ってる証券会社があるのに、新しく口座を開設するのは何となく面倒ですよね。
実際僕も、マネックスというメイン口座を既に持っていたので気持ちは分かります。

ですが、手数料の安さを知った瞬間、僕はその場でDMM株口座を即開設しました。
少しでもお得な取引ができるなら、面倒は厭わないのが投資家スピリットです笑

まあ、僕は投資で成功したいと真剣に思っているので、やれることは全部やるというだけですね。

口座開設作業は、実際の投資と違って絶対にお金を失うことがありません。
僕にとってやらない理由はありませんでした。

DMM 株口座は下のリンクから開設可能です。
今なら口座開設後1ヶ月間取引手数料が無料なので、是非この機会に試してみてください。

>>>開設費・維持費無料の DMM 株口座を開設する
スポンサーリンク

SNSシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA