FX口座が凍結される理由と対処法【儲け過ぎで凍結?】

FX をやっていると突然口座が凍結されることがあります。
せっかく利益を上げている時に、取引が一方的に中断されるのは苛立たしいものです。

巷では
FX取引で儲けすぎたら凍結されるのかも
といった憶測も飛び交い、何が凍結の理由なのか今ひとつ分からなくなっているのが現状です。

そこで今回は FX 口座が凍結される理由 及び その対策方法 についてまとめました。

FX口座が凍結される理由【一番多いのはスキャルピング】

結論から言うと FX 口座が凍結される理由として一番多いのがスキャルピングです。
スキャルピングとは超短期の取引を指します。
数秒から数分単位で売買を行うスキャルピングは、 FX 業者のサーバーに負荷をかけがちです。

そのため業者に嫌われることが多く、規約で「スキャルピングは禁止」と明示している会社も多々あります。
どの程度のスパンで取引すると凍結されるのかは業者によって異なりますが、 取引に夢中になっているうちにいつのまにか業者に口座を凍結されてしまうという例が後を絶ちません。
その他口座が凍結されてしまう原因としては以下のものが考えられます。
口座が凍結されてしまう原因
・本人確認書類などの情報に不備が見つかった
・口座が休眠状態になっていると判断された
・ボーナス資金を出金する等の規約違反

儲けすぎて凍結されることはある?

口座凍結についてしばしば噂されるのが 「FXで儲けすぎると凍結される」 という説です。

基本的にこれは無いと考えて良いでしょう。
確かにFX黎明期は勝ちすぎるトレーダーを凍結する悪徳業者も存在するのでは?と噂されていました。

しかし、昨今ではDMMやGMOなどの名の知れた大企業がFX事業に参入し、悪徳業者の淘汰が進みました。
ちなみに
日本の FX 会社の多くがDD方式という取引形態をとっているため、投資家とFX業者の利益相反になる可能性があります。
どうしてもこれを避けたい場合はNDD方式をとっている海外FX業者で口座開設する必要があります(XMなどが有名です)。
ただし、NDD方式を採用する業者ではスプレッドが広い傾向にあるのでご注意を。

FX 口座が凍結された場合、出金は可能?

また、FX 口座が凍結された場合に気になるのは口座から自分のお金を出金することが可能かどうかですよね。

実はこれ、出金が不可能な場合もあるんです。
僕が直接知人から聞いた話ですが、ハイレバレッジを求めて使っていた海外業者のFX口座が凍結された時、最終的に出金手続きができなかったそうです。
こちら側がいくら出金するようにを訴えても、業者側が全く対応してくれなかったとのことです。

FX では、このような詐欺まがいの業者を避けて信頼できる業者のところで口座開設することが何よりも大切です。
なお通常の業者であれば口座が凍結されても出金は可能です。

今すぐ取引を再開したい場合は

では実際に FX 口座が凍結されてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。

まずは業者に問い合わせを

まずは凍結されてしまった口座を復活させるべく業者に問い合わせをしましょう。
多くの場合は凍結と同時に FX 業者からメールが届いているはずです。
そのメールに問い合わせ方法が記載されてる場合はそれに従いましょう。

新規に口座開設してしまった方が早い場合もある

今すぐに取引を行う必要がある場合は、
一旦別の業者で新規口座を開設してしまうのも手です。

相場の状況によっては、どうしても今すぐ取引を再開したいということもあるでしょう。
凍結された口座の復活は後々取り組めば良い話です。

ちなみに、すぐに(早ければ数分)口座開設と取引ができる FX 業者の内、スプレッドや約定力の観点からお勧めできるのは以下の業者です。
開設がスピーディーなFX業者
DMM FX(公式サイト)
→最短1時間で取引スタート、業界最狭水準スプレッド、20通貨ペア

【LIGHT FX】(トレイダーズ証券公式サイト)
→最短5分で申し込み完了、業界最狭水準スプレッド、高約定力

1,000通貨単位でできる【LION FX】(ヒロセ通商公式サイト)
→最短5分で申し込み完了、業界最狭水準スプレッド、高約定力
これらの業者で新規口座開設すれば、迅速な取引再開が可能になるはずです。

以上 FX 口座が凍結される原因とその対策についてまとめました。
不測の事態というのはどうしても承知でしまうものです。
口座凍結は非常に腹立たしいものですが、ここは一つ冷静に対処しましょう。

FXで手数料負けしてる奴多すぎ!スプレッドが狭い業者を選ぶのは超基本

2020年5月29日
スポンサーリンク

SNSシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA