IOSTは将来性が期待される仮想通貨。購入可能な取引所はココ!

・IOSTへの投資を検討している
・IOSTの価格の将来性を知りたい
・IOSTの購入方法を知りたい
こういった思いを持つ方に向けて記事を書いていきます。
この記事のポイント
・IOSTは独自の技術によって社会的な実用への期待が高い
・過去の価格はビットコインと連動してきた
・購入はコインチェックの口座があれば可能

IOSTとは?

IOSTは2018年1月にIOST財団が創ったアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)です。
IOSTとは、Internet of Service Tokenの頭文字をとったもので、そのままアイ・オー・エス・ティーと 呼ぶのが一般的です。

IOSTは、PoB(Proof-of-Believability)というシステムを採用しているのが特徴です。
技術的な説明は他に譲りますが、この仕組みによってIOSTは、従来からのPoW式のブロックチェーンの強みの非中央集権制(特定の管理者がいない)を維持しつつも、課題だったスケーラビリティ問題(ブロックチェーンの規模が大きくなると処理が遅くなる)に対処できます

要はIOSTの使用者が爆発的に増えても、送金等の処理に時間がかからないということですね。

またwebサービスの実装に非常によく使われるjava scriptをサポートしていることも特徴です。

以上をまとめると、IOSTが採用している仕組みを使えば、ブロックチェーンを応用した大規模なwebサービスも作れるかも、という感じです。

このようにIOSTは、その他多くのアルトコインや草コインと違い、実用的なサービスへの応用の可能性が高いです。
このことが、その価値の強力な裏付けになるのでは無いかと注目されているんですね。
すでに、医療情報を共有するシステム等にIOSTの仕組みが応用されてきている研究も出てきています(参考)。
その他にゲームへの応用等もされています。
ちなみに、IOSTは日本語版の公式Twitterがあります。

IOSTの価格推移

さてこれを読んでいる人が気になるのは、仮想通貨としてのIOSTの将来性ですよね。
それを考えるために、まずはこれまでのIOSTの価格データを見てみましょう。
https://coinmarketcap.com/ja/currencies/iostoken/ より
IOSTは創設直後に高値の14円台をつけた後、一旦1円を割り込んで底練りの状況が続いていました。
2018年頃と言えば、ビットコインバブルがいったん崩壊し、仮想通貨全体が暴落したタイミングです。
IOSTもこの影響を逃れることは出来ませんでした。

そして2021年になってから価格が急騰しています。
しかも、出来高の爆発的な増加を伴う力強い上げです。
これも、ビットコイン価格の再度の急騰と完全に同期していますね。

IOSTの将来性について

これまでの価格推移を見る限り、投資対象としてのIOST価格は仮想通貨全体の動きとかなり連動しています。
乱暴に言ってしまえばビットコイン価格が今後も上がっていくのであれば、IOSTにも明るい未来が待っていると個人的には考えます。
まあこれはIOSTに限らず、ほぼ全ての仮想通貨に当てはまることですね。

ビットコインよりもイーサリアムやIOSTの方が技術的には洗練されていて、社会的な応用の可能性も高いです。
しかし資産としての価値を決めるのは市場の需給(とそれを決定する信用力)です。
今後もビットコイン価格が全仮想通貨の方向性を決める流れが続いていくと見ています。

なのでビットコインが上昇すると考えるのであれば、まだ相対的に時価総額が小さく技術的な裏付けもあるIOSTはかなり有望な投資先と言えます。
そして、その逆も然りです。

IOSTを買える取引所

さて、肝心のIOSTの購入方法ですが、国内の主要な取引所ではコインチェックでのみ購入可能です(2021年3月現在)。
コインチェックではマーケットの参加者同士で取引する取引所と投資家が業者と直接やり取りする販売所があります。
2021年3月現在、IOSTが購入できるのは販売所のみです(売却も販売所のみです)。
PC用のIOSTの購入画面(販売所)のスクショ
口座開設完了後、ログイン後のマイページから「販売所」に進みIOSTを選択すれば購入処理に進めます。

>>無料でコインチェックの口座を開設する

購入にかかる手数料

コインチェックでIOSTを購入する時の手数料についても触れておきます。
コインチェックの販売所では購入のレートが売却のレートよりも少し高くなっています。
この差分(スプレッド)が実質的な手数料になっています。
約定金額の何パーセントが手数料、という風な一定の基準があるわけではありません。

まとめ

最後にまとめです。
IOSTはビットコインともイーサリアムともまた違うブロックチェーンのアルゴリズムを採用しています。

そのおかげで、分散管理を高水準で維持しつつ大量のブロックを処理することができます。
この特徴によってIOSTは将来的な社会実装への期待が高まっています。

一方で通貨としての価値は、仮想通貨全体の流れと大局的には同じように推移してきています。
投資先として検討するのであれば、国内の取引所では現状コインチェックでのみ購入が可能です。

>>無料でコインチェックの口座を開設してみる

【コピペOK】仮想通貨をPythonで自動売買する方法を初心者向けに解説

2020年12月7日
スポンサーリンク

SNSシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA